ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年03月21日 19時08分 公開

Uberの前CEOカラニック氏、新興企業CSSのCEOに就任

昨年6月にUberのCEOを辞職したトラヴィス・カラニック氏が、不動産関連の新興企業を1億5000万ドルで買収し、CEOに就任した。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 karanik 1 トラヴィス・カラニック氏

 米Uberの前CEO、トラヴィス・カラニック氏は3月20日(現地時間)、自身の投資ファンド10100で新興企業City Storage Systems(CSS)を1億5000万ドルで買収し、同社のCEOに就任したとツイートで発表した。

 CSSは、不動産を購入して食品や小売りサービス向けに再開発する事業にフォーカスするという。同社は現在、Cloud Kitchensという名称で、LinkedInによると、食品業者にデリバリー専用サービス開設のためのインフラとソフトウェアを提供する企業とある。

 karanik Cloud KitchensのWebサイト

 カラニック氏は、今後数年でこの事業には10兆ドル以上の商機があるとし、「15人のスタートアップで働きたい人は私にメールしてくれ」と書いている。

 これを受けてUberの現CEOであるダラ・コスロシャヒ氏は自身のTwitterアカウントでカラニック氏に祝辞を送り、「Cloud KitchensはUberEATSのパートナーだ」とツイートした。

 カラニック氏は昨年6月、様々な問題が浮上する中で取締役会からの圧力により、UberのCEOを辞職。3月初旬にプライベート投資ファンド10100の立ち上げをツイートで発表していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.