ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2018年03月23日 12時21分 公開

日産、EVのバッテリーを再利用する「外灯」プロジェクト 福島県浪江町に設置

日産が電気自動車バッテリーの再利用プロジェクト「THE REBORN LIGHT」を発表

[上田奈々絵,ITmedia]

 福島県浪江町と日産自動車、フォーアールエナジー(神奈川県横浜市)は3月22日、電気自動車「日産リーフ」の使用済みバッテリーを再利用して作った外灯を浪江町に設置するプロジェクト「THE REBORN LIGHT」を発表した。

photo 「THE REBORN LIGHT」

 外灯は、ソーラーパネルを使った発電装置と日産リーフの中古バッテリーを組み合わせることで、送電線やコンセントなしで点灯する。

 まずは26日に、浪江町に設置するフォーアールエナジーのバッテリー再生工場で試作機を試験点灯し、2018年度から順次設置していくという。

photo 使用されるバッテリー

 浪江町と日産、フォーアールエナジーは、このプロジェクトを発端に「今後の浪江町のさらなる活性化と新たな産業の誕生を期待する」としている。

photo ライトの仕組み(公式サイトより)

 「自動車は本格的なEVの時代にシフトしており、近い将来バッテリーの多量生産、多量廃棄という問題に直面することが予想される。THE REBORN LIGHTは、日産のEV搭載バッテリー再利用プロジェクトの第一弾」(日産自動車)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.