ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年03月25日 07時38分 公開

イーロン・マスク氏、TeslaとSpaceXのFacebookページを削除

Facebookのデータスキャンダルで拡散するハッシュタグ「#deletefacebook(Facebookを削除しよう)」を見たイーロン・マスク氏が、経営するTeslaとSpaceXのFacebookページを削除した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookからの個人情報流出問題を受けてTwitter上で拡散するハッシュタグ「#deletefacebook(Facebookを削除しよう)」の流れで、起業家のイーロン・マスク氏が3月23日(現地時間)、経営する米Teslaと米SpaceXのFacebookページを削除した。

 musk 1 SpaceXのFacebookページ(画像:ライアン・マック氏のツイート)

 Facebookに買収されたWhatsAppの共同創業者で昨年11月に同社を去ったブライアン・アクトン氏が20日に投稿した「今こそ#deletefacebookする時だ」というツイートに、マスク氏は23日になって「Facebookがどうしたって?」とコメント。

 このコメントに対し、以下のようなスレッドが立ち、その中でマスク氏が2つのページを削除した。

@serdarsprofile 男ならFacebookのSpaceXのページを削除しろよ。

マスク氏 そんなものがあることも知らなかった。削除するよ。

ライアン・マック氏 待ってます。(同氏はBuzzFeedの記者)

bryson氏 (Teslaのページの画像を添えて)こっちも削除すべきでは?(同氏はカナダのオンラインメディアThe Wire Reportの記者)

マスク氏 そのとおりだ。いずれにしてもダサいな。

マック氏 (TeslaとSpaceXのページの削除済みURLの画像を添えて)やったー。


 削除を勧められてから実際に完了するまでに、約30分しかかからなかった。

 この後、マック氏はさらにマスク氏に対して関連するFacebookページとFacebook傘下のInstagramのアカウントの削除を迫った。本稿執筆現在、マスク氏のInstagramアカウントはまだ存在する。

 musk 2 イーロン・マスク氏のInstagramアカウント

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.