ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年03月25日 10時33分 公開

AppleのクックCEO、Facebookスキャンダルを受け「プライバシー保護の規制が必要」と発言

Facebookスキャンダルを受け、Appleのティム・クックCEOが「この状況は非常に深刻で重大なものであり、おそらく適切な法的規制が必要だ」と語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleのティム・クックCEOは3月24日(現地時間)、中国の北京で開催のChina Development Forumに登壇し、企業によるユーザーの個人情報利用については、適切な法的規制が必要だと語った。米Bloobmergが同日に報じた。

 cook 1 Bloombergの記事

 これは、米Facebookの約5000万人のユーザーデータが不正利用されたことに関連する、ユーザーデータの利用には規制が必要かという質問に対する回答だ。

 「この状況は非常に深刻で重大なものであり、おそらく適切な法的規制が必要だと私は考える。私の考えでは、ユーザーの閲覧履歴、連絡先、好みなどについて他者が知る機能など存在すべきではない」(クック氏)

 Facebookや米Googleとは異なり、Appleの主な収入源は広告ではない。クックCEOは一貫してAppleはユーザーの個人情報を利用していないことをアピールしている。2016年には米連邦捜査局(FBI)に捜査協力で故人のiPhoneのロック解除を要請され、これを拒否した

 Appleは一方で、クラウドサービス「iCloud」の中国でのサービスについて、中国の法規制に準拠するために運営を中国の企業Guizhou on the Cloud Big Data Industrial Developmentに移管したと発表し、中国政府によるユーザーデータの検閲を許したことになるとして批判を浴びている。

 cook 2 iCloudの中国での運営についての告知

 クック氏は中国でのVPNアプリを削除した際、「たとえ方針に賛同できなくても、各国の政府と協力していくことが重要だと信じている」と語った

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.