ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年04月02日 15時43分 公開

国税庁Webサイト、全URL変更で混乱 サイト内検索も役立たず、「無限ループ」状態に

国税庁のWebサイトがリニューアルされ、ほぼすべてのURLが変わった。旧URLはすべてトップページにリダイレクトされているが、トップページからサイト内検索を使っても旧URLが表示されるため、トップページに「無限ループ」してしまう状態だ。

[岡田有花,ITmedia]

 国税庁のWebサイトが3月31日にリニューアルされ、トップページを除くほぼすべてのURLが変わった。旧URLにアクセスすると、国税庁のトップページにリダイレクトされる仕様だ。トップページにはYahoo!検索を使ったサイト内検索機能があるが、4月2日午後3時現在、これで検索しても過去のURLがヒットし、トップページにリダイレクトされてしまうため、「トップページの無限ループ」「目的のページにたどり着けない」と混乱が起きている。

 国税庁広報広聴室は「検索が現状、機能していない状態だ」と認め、検索エンジン側にURL更新のリクエストを出しているという。検索エンジンが対応するまでは、トップページからメニューをたどって目的のページを探してほしいと呼び掛けている。

画像 国税庁の新Webサイト
画像 リニューアルの告知より。「ほぼ全てのページのURLが変更」されているという

 同庁は今回のリニューアルに当たり、サイト内の情報分類を再整理。2015年に内閣官房のIT総合戦略室が定めた政府共通のWebサイトの構築ルールに則り、ディレクトリなどを見直した結果、ほぼすべてのページでURLが変わることになったという。

 3月31日以降、元のページのURLにアクセスすると、「国税庁ホームページリニューアルのお知らせ」が表示され、国税庁のトップページにリダイレクトする仕様だ。「元のページと同じ内容を収めたページに直接リダイレクトさせることも検討したが、サーバの負担やメモリの使用状況、コストなどを勘案し、最終的には、全ページへのアクセスをトップページに返す形を選んだ」という。

 これにより、以前のサイトのURLのブックマークが役立たなくなった。また、Googleなどの検索エンジンは、4月2日午後3時時点でまだ新URLに対応していない。このため、目的のページを検索エンジンから検索してクリックすると、旧ページにアクセスし、「国税庁ホームページリニューアルのお知らせ」が表示され、国税庁のトップページにリダイレクトされる。

画像 Googleで「タックスアンサー」を検索した結果をクリックすると(4月2日午後3時時点)
画像 旧URLの国税庁ページにアクセス。「国税庁ホームページリニューアルのお知らせ」が表示され、国税庁のトップページにリダイレクトする

 国税庁のトップページにはサイト内検索(Yahoo!検索)も設置されているが、2日午後3時現在、これを使って検索しても、以前のURLがヒットする。クリックするとまた「国税庁ホームページリニューアルのお知らせ」が表示され、トップページに戻ってしまう――という“無限ループ”状態だ。

画像 国税庁のトップページのサイト内検索で「タックスアンサー」を検索し
画像 検索結果をクリックすると
画像 やっぱり国税庁のトップページにリダイレクトされてしまう

 同庁は「検索は現状、機能していない」と認めた上で、「検索エンジンなるべく早く新しいURLが捕捉・表示されるよう、検索エンジン側にリクエストを出している」という。検索エンジン側が対応するまでは、トップページのメニューからたどって目的のページを探してほしいと呼び掛けている。サイトの基本的な使い方やナビゲーションについては、このページで案内している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.