ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年04月03日 17時53分 公開

トヨタが「アクア」一部改良 昼でも歩行者を検知

トヨタ自動車が、小型ハイブリッド車「アクア」シリーズを一部改良して発売。昼間の歩行者を検知する機能を加えた。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は4月3日、小型ハイブリッド車「アクア」シリーズに、昼間の歩行者を検知する機能など一部改良を加え、全国のトヨタ店などで発売した。アクアのSグレードをベースに、黒を基調とした内装や安全運転機能を採用した特別仕様車S“Style Black”も合わせて発売した。

トヨタ 「アクア」

 安全運転機能をパッケージ化した「Toyota Safety System」に、単眼カメラとミリ波レーダーで昼間の歩行者を検知可能な「プリクラッシュセーフティ」を追加。駐車場などでアクセルペダルを踏み間違えたときに衝突被害を軽減させる「インテリジェントクリアランスソナー」を、新たにオプションに設定した。

 特別仕様車S“Style Black”も同様の機能を備える。外板色は、新色ホワイトパールクリスタルシャインを含む全14色。外板色と異なるカラーパーツを組み合わせる「FLEX TONE」も、色の組み合わせを一新して設定を拡大した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.