ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2018年04月05日 16時30分 公開

ソフトバンク、駐車場シェアに参入 パートナー募集

個人・法人が所有する空き駐車場と、駐車場を利用したいドライバーをマッチングするパーキングシェアリングサービスをソフトバンクが夏にスタートへ。

[ITmedia]

 ソフトバンクは4月5日、個人や法人が所有する空き駐車場と、駐車場を利用したいドライバーをマッチングする駐車場シェアリングサービスを、2018年夏ごろから順次始めると発表した。駐車場の活用などを検討する企業や自治体、マンション管理組合などのビジネスパートナー募集を同日に始めた。

画像
画像

 空き駐車場や遊休スペースを保有するオーナーには、IoT(Internet of Things)プラットフォームを活用した駐車場ソリューションなどを提供。ドライバーには、空き駐車場の検索から事前予約、決済までがスマートフォンなどで可能な利便性の高いサービスの提供を目指す。

 駐車場事業者向けに提供するのは、稼働状況に合わせてパーキングメニューを設定できる管理システムや、車両番号などを確認できるカメラ付きセンサーなど。遊休スペース所有者向けには、駐車場事業者と連携したソリューションやIoTセンサーを活用した安価な簡易サービスを提供する。

 同日、新サービスに関心がある企業や自治体、マンション管理組合、駐車場管理者・事業者向けに、問い合わせフォームをWebサイトに用意し、サービスのパートナー募集を始めた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.