ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2016年06月06日 17時20分 公開

駐車場の空き状況をセンサーで感知、スマホで確認・予約 NTTドコモが実証実験

車の運転手が、スマホのアプリから駐車場の空き状況を確認し、予約できるサービス「docomoスマートパーキングシステム」を、NTTドコモが発表した。

[ITmedia]

 NTTドコモは6月6日、近くの駐車場の空き状況をスマートフォンの専用アプリで確認し、そのまま予約できるサービス「docomoスマートパーキングシステム」を発表した。車の入出庫をセンサーで感知し、利用時間に応じてアプリ経由で自動決済する。駐車場を運営するコインパーク、シェアリングサービスと連携し、6月13日から一部の駐車場で実証実験を始める。

photo サービスの仕組み

 駐車場に設置した「スマートパーキングセンサー」が、空き状況をリアルタイムに感知。運転手はスマホの専用アプリから、最寄りの駐車場の空き状況を確認したり、駐車を予約したりできる。車を止めるとセンサーが駐車を自動的に感知し、アプリ経由でチェックインした時点から利用時間のカウントをスタート。出庫時の支払いは、事前に登録したクレジットカードから自動で決済する。

 システム導入にかかる工事期間を短く抑え、コインパーキングの開設・運用のハードルを下げることで、小規模な土地や空き地の利活用を促進する。都心や住宅街での駐車場不足の解消にもつなげる狙いだ。

 10月からは、シェアリングサービスの駐車場予約サービス「トメレタ」のWebサイト・アプリへの対応を予定している。

photo 利用の流れ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.