ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2018年04月11日 17時01分 公開

手術室のレイアウト、HoloLensでイメージ 日立が開発

「Microsoft HoloLens」を活用し、実際の手術室にバーチャル映像の医療機器を重ねて表示できるコンテンツを、日立製作所が開発。医療機器の導入をイメージしやすくする。

[ITmedia]

 日立製作所は4月11日、MR(複合現実)ヘッドマウントディスプレイ「Microsoft HoloLens」を活用し、実際の手術室にバーチャル映像の医療機器を重ねて表示できるコンテンツを開発したと発表した。導入する医療機器の配置をイメージしやすくする他、導入前に医療スタッフが操作方法をシミュレーションしたいというニーズに応える。

photo 手術室のイメージ

 日立が販売する、MRI(磁気共鳴断層撮影装置)などのシステムをバーチャル映像で再現し、実際の手術室に配置できる。HoloLensは、没入型のVR(仮想現実)ヘッドマウントディスプレイとは違い、視界を遮ることなく装着した状態で現実の周囲や自分の手元が見えるため、医療機器の導入をリアルに事前体験できるという。

 開発したコンテンツは、パシフィコ横浜で4月13〜15日に開催される「2018国際医用画像総合展」(ITEM2018)に出展される。

photo Microsoft HoloLens

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.