ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年04月12日 13時42分 公開

Steam、プライバシー設定を変更 購入ゲームやプレイ時間を非表示にできる

ゲーム配信サービスSteamのプロフィール設定が変わり、購入ゲームの一覧やプレイ時間などの公開レベルを設定できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ゲーム配信サービス「Steam」を運営する米Valveは4月10日(現地時間)、Steamのユーザープロフィールのプライバシー設定を変更したと発表した。

 steam 1

 米FacebookのCambridge Analyticaデータ不正利用問題などでユーザーのプライバシー保護に注目が集まる中、情報共有の初期設定を従来より狭くするなどの変更になっている。

 プロフィールを「公開」にすると、従来はどんなゲームを購入したかやアチーブメント、プレイした時間などの情報がすべて公開されていたが、プロフィールの下の階層の「Game details」、「Inventor」でそれぞれ公開レベルを設定できるようになった。初期設定は「フレンドのみ」なので、プライバシーに無関心なユーザーが設定ページをよく読まなくても無防備に全ユーザーに自分の情報を公開せずに済む。

 steam 新しいプライバシー設定

 さらに、近くステータス表示で「invisible」を選択できるようにする。これを選択すると、「現在オフラインです。」と表示させたままフレンドリストやメッセージの送受信はできるようになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.