ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
» 2018年04月15日 07時22分 公開

Appleの「情報リークは絶対ダメ」社内メモがリーク──Bloomberg報道

Appleの発表前製品の確度の高い情報で定評のあるBloombergのガーマン記者が、従業員がリークしたとみられる従業員に情報リークを禁じるAppleの社内メモを紹介した。

[ITmedia]

 米Appleが従業員に情報リーク行為について警告した社内メモがリークした──Apple関連予測で定評のある米Bloombergのマーク・ガーマン記者が4月14日(現地時間)、社内メモだとする全文を添えてそう報じた

 leak

 このメモによると、Appleは2017年だけで29人のリーカー(情報漏えい者)を確保し、その中の12人は逮捕されたという。「情報漏えい者は職を失うだけでなく、どこにも雇用されなくなる」とAppleは警告する。29人には同社の従業員、提携先、サプライチェーンの従業員が含まれる。

 Appleは「多くの場合、リーカーは意図してリークするわけではない」が、情報を求めて忍び寄るメディアやアナリスト、ブロガーのおだてに乗って話してしまうと説明。「未発表のApple製品についてのスクープは記者やブロガーに多大なメリットをもたらす。だが、リークしたAppleの従業員はすべてを失う」とApple。

 メモには2017年秋にiOS 11のGMを9TO5Macにリークした従業員のエピソードが紹介されている。Appleは9TO5Macの記事掲載後、社内捜査で数日後にリーカーを特定し、解雇した。iPhone X、iPad Pro、AirPodsなどの発表前情報を9TO5Macにリークした複数の従業員特定に、同社の電子情報科学捜査技術が効果を発揮したという。

 このメモをガーマン記者に提供したリーカーも特定、解雇されるだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング