ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年04月16日 20時27分 公開

イオングループがVisaのタッチ決済を導入 2020年中に10万台のレジに

イオンは、イオングループのスーパーやドラッグストアのレジ約10万台にVisaのタッチ決済サービスを導入すると発表。利用者のキャッシュレス決済を推進する。

[ITmedia]

 イオンは4月16日、イオングループのスーパーやドラッグストアで使っているレジ約10万台を20年3月までにVisaの非接触決済技術(タッチ決済)に対応させると発表した。利用者がレジの端末にカードをタッチするだけで支払いできるようにし、キャッシュレス決済を推進する考え。

photo Visaのタッチ決済導入前後の支払いイメージ

 Visaのタッチ決済は世界の70以上の国と地域で利用されているType-A/B方式(ISO 14443)の非接触決済サービスで、対応するVisaカードやスマートフォンをレジのリーダーにかざすだけで支払いができる。店員とカードを受け渡しする必要がなくなり、決済完了までの時間を短縮できる。一定金額(原則1万円)を超えない支払いについてはサインや暗証番号の入力も不要だ。

 イオングループではすでにVisaカードなどのクレジットカード決済や、「WAON」や「Suica」などの電子マネー決済を導入しており、現金以外での決済比率が高まっているという。同社は「Visaのタッチ決済の導入でさらなるキャッシュレス化を推進する」とし、国内はもちろんインバウンドの利用も見込む。

photo イオングループで利用できる決済サービス

 19年3月から20年3月にかけて総合スーパーやスーパーマーケット、ドラッグストアなどグループ各店舗のレジにタッチ決済端末を順次導入する。タッチ決済機能を搭載した「イオンカード」も18年9月から発行するという。

photo Visaのタッチ決済機能を搭載した「イオンカード」の券面イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.