ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年04月23日 15時28分 公開

NTTグループ3社、「漫画村」など海賊版サイトをブロッキングへ

NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTぷららの3社は、政府が「悪質」と認めた3つの海賊版サイトに対し、ブロッキングを行うと発表した。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTぷららの3社は4月23日、海賊版サイトへのブロッキング(遮断)を行うと発表した。政府が「悪質」と認めた3サイトを対象に、準備が整い次第実施するという。

photo ニュースリリースより

 23日現在、3サイトとも漫画作品や動画などが閲覧できない状態だが、NTTコミュニケーションズの広報担当者によれば、3サイトに対してDNSブロッキングを行うという。

 海賊版サイトを巡っては、政府が13日、ブロッキングの法整備を進めるまでの「緊急対策」として、漫画海賊版サイト「漫画村」と、アニメ海賊版サイト「Anitube」「Miomio」、この3サイトと同一とみなせるサイトに対し、インターネットサービスプロバイダー(ISP)へ自主的なブロッキングを促すことを決めた

 NTTグループ3社は、「サイトブロッキングに関する法制度が整備されるまでの短期的な緊急措置」として実施する考え。「政府において、可及的速やかに法制度を整備していただきたいと考えている」としている。

 一方、ISPの業界団体・日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)などは、ブロッキングに反対する姿勢を示している。ブロッキングが通信の秘密を侵害する違法行為に当たることや、ブロッキング漏れやオーバーブロッキング(違法ではないサイトをブロッキングしてしまうこと)のリスク、莫大な運用コストが掛かる――などの指摘もある。

 NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTぷららは、いずれもJAIPAの正会員。NTTコミュニケーションズの広報担当者は「JAIPAがそうした声明を出していることは認識しているが(経緯などについては)コメントは差し控える」としている。

photo 政府資料「インターネット上の海賊版サイトに対する緊急対策(案)(概要)」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.