ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年04月23日 20時52分 公開

新作アニメを放送1カ月前から録画予約、ソニーのBDレコーダー新製品

ソニーが5月下旬にBlu-ray Discレコーダーの新製品6機種を発売する。新作ドラマやアニメを放送開始の最長1カ月前から録画予約できる「新作ドラマ・アニメガイド」を新たに搭載した。

[ITmedia]

 ソニーは4月23日、新作ドラマやアニメを放送開始の最長1カ月前から録画予約できる「新作ドラマ・アニメガイド」を搭載したBlu-ray Discレコーダー6機種を発表した。同社製レコーダーとして初めてUltra HD Blu-ray再生にも対応した。

3チューナーと3TB HDDを搭載した「BDZ-FT3000」

 通常、地上デジタル放送の電子番組ガイド(EPG)は初回放送の8日前にならないと情報を取得せず録画予約もできないが、新製品ではインターネット経由で専用の番組データを取得することで最長1カ月前からの予約を可能にした。番組データはKADOKAWAが提供。番組の公式サムネイルや詳細情報も取得するため、放送前でもEPG情報にない詳しい情報を閲覧できる。なお居住地域によって新番組の放送日時やチャンネルが異なるケースもあるが、放送が確定した際に表示も切り替わるという。

「夏の新作アニメ」といったメニューからKADOKAWAが提供する番組データを参照できる

 内蔵チューナーの数(同時録画数)とHDD容量の違いで6機種をラインアップ。店頭予想価格は2チューナー、500GBモデル「BDZ-FW500」の6万円前後から。3チューナーと3TB HDDを搭載した最上位機種「BDZ-FT3000」は11万円前後になる見込み(いずれも税別)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.