ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年04月24日 09時46分 公開

Amazon、家庭用ロボットを来年にも発売か──Bloomberg報道

Amazon.comのスマートスピーカーに次ぐオリジナルハードウェアは家庭用ロボットになると、Bloombergが報じた。カメラとコンピュータビジョンソフトを搭載するロボットは家の中を自由に移動し、もちろんAlexaも搭載するという。

[ITmedia]

 米Amazon.comが家庭用ロボットを開発中だと、米Bloombergのマーク・ガーマン記者とブラッド・ストーン記者が4月23日(現地時間)、複数の情報筋の話として報じた。

 「Vesta」(ローマ神話の家庭を守る女神の名前)というコードネームのこのプロジェクトは、同社のカリフォルニア州サニーベールにある研究開発ラボ「Lab126」で進行中という。Lab126は、スマートスピーカー「Echo」シリーズや「Fire TV」などを開発した。

 Vestaプロジェクトは数年前に立ち上げられたものだが、Lab126は、ここ数カ月中にロボティクス関連の求人を急増させている。

 robot 1 Lab126の求人

 計画について説明された人によると、Amazonは年内には従業員の家庭にロボットを供給し始め、早ければ2019年にも商品化したいとしているという。

 ある情報筋によると、ロボットのプロトタイプは高性能カメラとコンピュータビジョンソフトウェアを搭載しており、自動運転車のように家の中を歩き回れるという。AIアシスタントの「Alexa」も搭載し、受け答えもする。

 Amazonは自社倉庫効率化のため買収したKiva Systemsのロボットを使っているが、Vestaのロボットの設計はKivaのロボットとは異なるという。

 robot 2 Amazonの倉庫ロボット

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.