ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年05月02日 09時46分 公開

「iPhone X」(うわさに反して)好調でApple決算は予測を上回る増収増益

Appleの1〜3月期決算は、売上高は16%増、純利益は25%増の予測を上回る増収増益だった。クックCEOは「スーパーボウルの勝者に対し、ファンはもっと差をつけて勝ってほしかったと思うものだが、勝ちは勝ちだ」と例えた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleが5月1日(現地時間)に発表した2018年第2四半期(1〜3月)決算は、売上高は前年同期比16%増の611億3700万ドル、純利益は25%増の138億3300万ドル(1株当たり2.73ドル)の増収増益だった。売上高、1株当たり純利益ともにアナリスト予測(売上高は609億ドル、1株当たり純利益は2.6ドル)を上回った。

 iPhoneの販売台数は前年同期より3%増の5221万7000台で、アナリスト予測の5230万台にわずかに届かなかったが、昨年11月発売の高価格な「iPhone X」が貢献し、売上高は14%増の380億3200万ドルだった。

 ティム・クックCEOは業績発表後の電話会見で、「iPhone Xは同四半期を通じて、他のiPhoneより選ばれた。2014年のiPhone 6から複数モデル展開にしているが、ハイエンドモデルが一番人気モデルにもなったのはこれが初めてだ」と語った。中国ではiPhone Xが最も売れているという。iPhone Xの売れ行きについての質問に対して同氏は「スーパーボウルに優勝したチームに対して、ファンがもっと高い点で勝ってほしかったと思うようなものだ。(僅差であっても)チャンピオンであることに変わりはなく、私はこの製品を非常に誇りに思っている」と語った。

 apple 1 “最も人気のある端末”とクックCEOが語る「iPhone X」

 iPadの販売台数は2%増の911万3000台、売上高は6%増の41億1300万ドルだった。Macの販売台数は3%減の407万8000台で売上高は横ばいの58億4800万ドル。

 iTunes StoreやApple Music、Apple Pay、Apple Careなどのサービスの売り上げは好調で、31%増の91億9000万ドル。

 AirPods、Apple Watch、iPod、Apple TV、Beats Electronicsなどのその他のハードウェア製品の売り上げは38%増の39億5400万ドルだった。クック氏によると、「Apple Watch」の販売台数は“2桁台の増加”で、「AirPods」は“大ヒット(runaway hit)”だったという。

 地域別では日本と中国がそれぞれ2桁台の増加で好調だった。

 apple 2 地域別(上)および製品別(下)売上高

 第3四半期の予測は、売上高は515億〜535億ドルとやや控えめだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.