ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2018年05月07日 08時40分 公開

猫好きを狙うマルウェア「Kitty」、Drupalの脆弱性突き仮想通貨を採掘

Kittyマルウェアは『お願いだから削除しないで。私は無害な可愛い子猫なの』と訴える。

[鈴木聖子,ITmedia]

 オープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)「Drupal」の脆弱性を突く攻撃が横行している。セキュリティ企業のImperva Incapsulaは、仮想通貨「Monero」を採掘する新手のマルウェア「Kitty」が見つかったと伝えた。

 Impervaのブログによると、悪用されているのはDrupalが3月28日リリースの更新版で対処したリモートコード実行の脆弱性(CVE-2018-7600)。2018年4月上旬には悪用が確認され、以後、さまざまな形で便乗攻撃が発生していた

 新手のマルウェアKittyは、この攻撃について調査する過程で発見された。感染すると、サーバに常駐してMonero採掘プログラムの「kkworker」をインストールさせ、採掘プロセスを開始するという。

photo マルウェアが削除されないよう「お願いだから削除しないで。私は無害な可愛い子猫なの」と表示するという(出典:Imperva Incapsula)

 攻撃者はさらに、様々なWebリソースに感染を広げることを狙って採掘用スクリプトの「me0w.js」を仕込み、Webサーバサイトを閲覧したユーザーにマルウェアを感染させようとする。「猫好きの心をつかむため、攻撃者は『お願いだから削除しないで。私は無害な可愛い子猫なの』と表示することによって、マルウェアをそっとしておいてほしいと訴える」という。

 同社が発見したマルウェアKittyの第1世代はバージョン1.5だったが、最新バージョンは1.6に更新されているといい、「攻撃者は組織でソフトウェア製品のようにマルウェアを開発し、バグ修正や新機能の追加を行っていることをうかがわせる」とImpervaは解説している。

関連キーワード

マルウェア | | 仮想通貨


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.