ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年05月07日 16時12分 公開

オリンパス、中国でのデジカメ生産を停止 スマホ普及で市場縮小

オリンパスが、デジタルカメラ関連製品を製造している中国子会社の操業を停止。ベトナムの拠点に生産を集約し、効率化を図る。

[ITmedia]

 オリンパスは5月7日、デジタルカメラ関連製品を製造している中国の子会社Olympus Shenzhen Industrial(深セン市)の操業停止を発表した。1991年以降生産を続けていたが、スマートフォンの普及に伴い、デジタルカメラ市場が急激に縮小したため、稼働率が低下したという。

photo オリンパス(中国版)のWebサイトより

 設備の老朽化も進み「競争力を維持することが困難な状況」(オリンパス)という。今後はベトナム・ドンナン州の拠点に生産を集約し、生産効率や収益性を向上させ、グローバルでの競争力強化を図る。

 7日、オリンパスの取締役会で決議した。操業停止に伴う連結業績への影響は、現在精査中という。

photo Olympus Shenzhen Industrialの経営成績=同社リリースより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.