ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年05月09日 14時40分 公開

内閣府のサイトから風俗体験記にリンク 削除忘れドメイン失効→第三者が再取得

内閣府のWebサイトから、「恋人作るより風俗嬢」というWebサイトにリンクが張られている――5月9日、こんな情報がネットを駆け巡った。その真相は。

[岡田有花,ITmedia]

 内閣府のWebサイトから、「恋人作るより風俗嬢」というWebサイトにリンクが張られている――5月9日、こんな情報がネットを駆け巡った。

 内閣府がかつて運営していたWebサイトのドメインが失効した後、第三者がそのドメインを再取得し、新たにサイトを設置したことが原因。外部から指摘を受けた内閣府は9日昼、問題のリンクがあったページを削除した。「対応が後手に回り、申し訳ない」と担当者は話している。

画像 問題のリンクがあったページ(既に削除済み)
画像 リンク先

 問題のリンクがあったのは、内閣府のプログラム「戦略的イノベーション創造プログラム」(SIP)の2015年のシンポジウムを紹介するページで、専用の特設サイトにリンクを張っていた。特設サイトの運営は博報堂が担当。内閣府のサイトの外にドメインを取得して構築し、シンポジウムの開催案内や報告などを掲載していた。

 特設サイトの運営は既に終了しており、博報堂は2017年度中にサイトのドメインも手放した。ドメインを手放す旨は、内閣府に事前に連絡しており、連絡を受けた内閣府は、このドメインを含むURLを、内閣府のサイトから順次、削除したという。だが、削除漏れがあったことが今回の問題につながった。

 一般的に、過去に使われたことがあるドメインは、まったく新規のドメインよりも検索で有利になるため、検索上位を狙う事業者などが再取得することが多い。ドメインの登録者を調べられる「Whois」によると、このドメインは2017年12月に第三者が取得。その後、「恋人作るより風俗嬢」という風俗体験記サイトがこのドメイン下に構築され、運営されていたようだ。

 5月9日、「内閣府のサイトから風俗サイトにリンクが張られている」とネット上で話題に。内閣府も一般の人から連絡を受け、問題のリンクがあったページを9日昼ごろに削除するとともに、問題のドメインが含まれるURLが他にないか、再チェックしているという。担当者は「対応が後手に回り、申し訳ない」と話している。

画像 問題のリンクがあったページに現在アクセスすると「指定されたページまたはファイルは存在しません」と表示される

 内閣府のWebサイト運営をめぐっては、国民の意見を募る「国政モニター」のWebサイトにヘイトスピーチが多数掲載されているとネットで物議をかもし、内閣府が5月2日、サイトの公開を取りやめたばかり。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.