ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年05月16日 15時56分 公開

東京工科大の新入生、8割が「ニュースの情報源はテレビ」

東京工科大学が、新入生にSNSなどのコミュニケーションツールに関する利用実態調査を実施。ニュースの情報源は8割がテレビと回答し、TwitterやLINEを大きく上回ったという。

[ITmedia]

 「新入生の8割は、テレビをニュースの情報源にしている」――東京工科大学(東京都八王子市)は5月16日、こんな調査結果を発表した。昨今、“若者のテレビ離れ”がさまざまなメディアで報じられているが、テレビを情報源とする新入生が多いという結果になった。

東京工科大学 情報源とするメディア

 全体の82.4%が「普段、世の中の動きについて情報を得ているメディア」として、「テレビ」と回答(複数回答)。しかし、2016年、17年の同調査と比べると、テレビや新聞、雑誌を情報源とする新入生は微減。一方で、LINE(55.0%)、Instagram(10.6%)などのSNSは増加傾向にある。男女別に見ると、男子の方がニュースサイト、ニュースアプリで情報収集する人が多く、女子はテレビ、LINE、Instagramを情報源する人が多い傾向が見られた。

男女別 男女別の傾向

 「最も情報を信頼できると思うメディア」は、51.9%が「テレビ」と回答(単一回答)。ニュースサイト(9.5%)、ニュースアプリ(5.9%)、SNS(12.9%)を合わせたネットの情報源(28.3%)を大きく上回った。特に女子は6割が「テレビ」と回答。次に「新聞」(18.8%)、SNS(10.3%)が続く。

信頼できるメディア 「最も情報を信頼できると思うメディア」

 家にある電子機器は、「テレビ」(91.5%)、「ノートPC」(86.2%)、「Blu-ray・DVD・HDDレコーダー」(66.4%)の順に多いが、1人暮らし(401人)では「ノートPC」(88.3%)が「テレビ」(71.6%)を上回る。

 現在利用しているSNSは、ほとんどの新入生が「LINE」(98.7%)と回答(複数回答)。次に「Twitter」(81.6%)、「Instagram」(46.6%)、「SNOW」(30.0%)が続く。「Facebook」は11.8%で、14年の調査から毎年微減している。

SNS 現在利用しているSNS

 調査対象は、2018年度の東京工科大学の新入生1735人(男女比は約6:4)。4月5日と6日に、新入生ガイダンスでアンケート調査票を配布した。

回答者 回答者の属性

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.