ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年05月24日 18時42分 公開

富士フイルム、ミラーレス一眼のエントリーモデル「X-T100」発表 約7万4500円から

富士フイルムは5月24日、ミラーレス一眼カメラのエントリーモデル「X-T100」を発表した。ボディーのみの価格は7万4500円前後(税別、以下同様)で、レンズキットが8万7500円前後、ダブルズームキットが9万9500円前後。6月21日に発売する。本体カラーはブラック、ダークシルバー、シャンパンゴールドの3色。

[井上輝一,ITmedia]

 富士フイルムは5月24日、ミラーレス一眼カメラのエントリーモデル「X-T100」を発表した。ボディーのみの価格は7万4500円前後(税別、以下同様)で、「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」とのレンズキットが8万7500円前後、「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ/XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II」とのダブルズームキットが9万9500円前後。6月21日に発売する。本体カラーはブラック、ダークシルバー、シャンパンゴールドの3色。

ミラーレス一眼カメラのエントリーモデル「X-T100」
背面

 本体中央上部にファインダーを置く「X-Tシリーズ」のエントリーモデルに位置付けられる。上位機が搭載するイメージセンサーの「X-Trans CMOS」や画像処理エンジンの「X Prosessor Pro」は非搭載だが、2424万画素のAPS-CサイズCMOSイメージセンサーと富士フイルム特有の色再現技術で高画質を実現するとうたう。ボディーの塗装はアルマイトで、高級感のある外観とした。

 背面モニターは3方向チルト式で、「Xシリーズ」として初めて水平方向への180度回転に対応したことで自撮りが可能になった。

背面モニターは3方向チルトに対応、180度回転で自撮りも可

 無線通信はWi-Fi(無線LAN)とBluetoothに対応し、撮影した画像をスマートフォンへ自動転送できる。

 同社は「写真愛好家のみならず、日常や旅先で手軽にキレイな写真を撮影したいスマートフォンユーザーなどにも最適」としている。

 ISO感度は標準で200〜1万2800、拡張感度で100、2万5600、5万1200まで拡張できる。シャッター速度は30秒〜1/4000秒(メカシャッター時)、電子シャッターで1/3万2000秒まで対応する。連写速度は26コマまで約6.0コマ/秒で撮影可、それ以降は約3.0コマ/秒となる。SDメモリーカードはSDXC(256GB) UHS-Iまで認識。手ブレ補正はレンズ側の光学式手ブレ補正で対応する。

 フィルムシミュレーションモードは、PROVIA(スタンダード)、Velvia(ビビッド)、ASTIA(ソフト)、クラシックローム、PRO Neg.Hi、PRO Neg.Std、モノクロ、モノクロ+Yeフィルター、モノクロ+Rフィルター、モノクロ+Gフィルター、セピアの計11種類を搭載する。

 背面モニターはタッチパネル対応の3.0型TFT液晶で、解像度は約104万ピクセル。ファインダーは0.39型の有機ELで、約236万ピクセル。

 動画は4K(3840×2160ピクセル)15p(約30分間まで)や、フルHD(1920×1080ピクセル)59.94pの撮影ができる。

 本体サイズは、121.0(幅)×83.0(高さ)×47.4(奥行き)ミリ(最薄部33.4ミリ)で、バッテリーとメモリーカードを含む重量は約448グラム。

カラーはブラック、ダークシルバー、シャンパンゴールドの3色
スマートフォンへ写真の自動転送も

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.