ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年05月30日 11時02分 公開

ポケモン新作「Let's GO!ピカチュウ/イーブイ」11月発売、Switch向け ポケモンGOと連携も

ポケモン社は5月30日、任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」向けに、「ポケットモンスター」シリーズの最新作「ポケットモンスター Let's GO!ピカチュウ/Let's GO!イーブイ」を11月16日に発売すると発表した。価格は5980円(税別)。

[井上輝一,ITmedia]

 ポケモン社は5月30日、任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」向けに、「ポケットモンスター」シリーズの最新作「ポケットモンスター Let's GO!ピカチュウ/Let's GO!イーブイ」を11月16日に発売すると発表した。価格は5980円(税別)。

(追記:18年5月30日午前11時20分更新 出現するポケモンについてと、完全新作の開発について追記しました)

 シリーズ本編としては初のNintendo Switch向けタイトル。米Nianticが開発するスマートフォンゲーム「Pokemon GO」と連携し、両ゲームの間で捕まえたポケモンを送れることが特徴だ。

 新作は、1998年発売の「ポケットモンスター ピカチュウ」(ゲームボーイ向け)をリメイクしたもの。開発を手掛けるゲームフリークの増田順一ディレクターは「誰もが楽しめるポケットモンスターを新しく作るためには、この作品をベースとするのが最適と判断した」と話す。

 本作では「相棒」としてピカチュウかイーブイを連れ歩くことができる。ポケモンをゲットするシーンでは、Switchのコントローラー「Joy-Con」を振り、スマホ版のPokemon GOと同じようにボールを投げる方式を採用。野生のポケモンとのバトルはなく、「草むら」から顔を出しているポケモンを狙って捕まえる。作品内で出現するポケモンは「基本的には『赤緑』の151匹とアローラのすがたになったポケモンたち」という。

 また、シリーズ本編として初めて2人同時プレイに対応。「珍しいポケモンのゲットや強敵とのバトルを家族や友人と分かち合える」(増田ディレクター)という。

 周辺機器「モンスターボールPLUS」も同時発売する。Joy-Conの代わりに使える他、ゲーム内のポケモンをモンスターボールPLUSに入れて連れ歩いたり、Pokemon GO用デバイス「Pokemon GO Plus」としても使える。価格は4980円。

 加えて、増田ディレクターは「Let's GO!ピカチュウ/Let's GO!イーブイとは別に、完全新作をSwitch向けに開発中。19年後半の発売を目指す」と新作を開発していることを明かした。

 ポケモン社が5月28日に発表した第20期決算公告(2017年3月〜18年2月)によると、同社の純利益は88億2700万円(前期比77億9400万円減)。利益剰余金は321億5700万円(前期比58億3800万円増)。

ポケモン社の第20期決算公告

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.