ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年05月30日 13時15分 公開

TeslaのModel S、パトカーに突っ込む

Teslaの「Model S」が自動運転中に、路上に駐車していた警察の車に衝突した。車は無人で、運転席にいたドライバーは軽傷だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Teslaの電気自動車「Model S」が自動運転モード中、路上に駐車していた警察の車に衝突したと、米カリフォルニア州ラグナビーチの警察が5月29日(現地時間)、公式Twitterアカウントでツイートした。

 幸い警察の車には誰も乗っておらず、Model Sのドライバーの女性も軽傷だったという。ツイートでは自動運転モードだったとしているが、ドライバーが事故発生時にハンドルに手を添えていたかどうかはまだ不明だ。

 tesla 1 事故現場(Laguna Beach PD PIOのツイートより)
 tesla 2 衝突された車は歩道に乗り上げた(Laguna Beach PD PIOのツイートより)

 本稿執筆現在、Teslaからはこの件についての発表はまだない。

 Model Sでの事故としては、2016年にオランダで死亡事故があったが、これはマニュアル運転中のことだった。2017年のフロリダ州ウィリストンでの死亡事故は自動運転中だったが、当局は安全性に問題はなかったと結論付けた。

 今年の3月には「Model X」が自動運転中に高速道路の分離帯に衝突し、ドライバーが死亡する事故が発生し、現在調査中だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.