ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年05月31日 16時57分 公開

ソニーが新会社「みんなのタクシー」設立 AI活用の配車サービスなど準備中

ソニー、タクシー事業者7社などが、新会社「みんなのタクシー」を設立した。ソニーのAI技術を活用し、配車サービスや需要予測サービスなどの事業を検討する準備会社だ。

[ITmedia]

 ソニー、ソニーペイメントサービス、タクシー会社7社は5月31日、新会社「みんなのタクシー」を設立した。ソニーの人工知能(AI)技術を活用し、タクシーの配車サービスや需要予測サービスなどの事業を検討する準備会社。2018年度中のサービス提供開始を目指し、事業会社に移行する予定。

photo プレスリリースより

 グリーンキャブ、国際自動車、寿交通、大和自動車交通、チェッカーキャブ、東都自動車、日の丸自動車と、ソニーが共同設立した。7社は、都内最大規模の計1万台超のタクシー車両を保有している。「会社の枠を超え、配車サービスなどを活用し、顧客の利便性向上を目指す」という。

 新会社の代表には、ソニーの西浦賢治氏が就く。ソニーはAI技術、ソニーペイメントサービスは決済代行サービスをそれぞれ提供する。

 参加を希望する全国のタクシー事業者が利用できるプラットフォームを構築する考え。事業者に合わせ、サービスの選択肢を複数準備するとしている。

 ソニーは18年2月、タクシー事業者6社と新会社を設立する方針を発表していた。今回、新たに東都自動車が加わっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.