ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年06月01日 10時59分 公開

自動運転のWaymo、Fiat Chryslerのミニバン6万2000台を購入へ

Alphabet傘下の自動運転企業WaymoがFiat Chrysler Automobilesとの新たな契約により、「Pacifica Hybrid」を自動運転車用に最大6万2000台購入する。FCAの一般販売車にWaymoの自動運転技術を統合する可能性についても発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 英大手自動車メーカーFiat Chrysler Automobilesは5月31日(米国時間)、米Alphabet傘下の自動運転企業Waymoに最大6万2000台の「Chrysler Pacifica Hybrid」ミニバンを販売する追加契約を締結し、パートナーシップを拡大すると発表した。

 waymo 1 Chrysler Pacificaの自動運転車モデル

 Waymoが11月に発表した完全無人自動運転車による配車サービス向けだ。2018年下半期に納車開始の見込み。

 Waymoは年内に、世界初の自動運転車による配車サービスを開始し、一般の人々がWaymoのアプリを使ってサービスを利用できるようにする計画だ。同社は既に、アリゾナ州フェニックスで運転席無人状態での自動運転車での公道走行テストを実施している。

 waymo 2 アリゾナ州での配車サービス

 両社はまた、FCAの一般顧客向け自動車に、Waymoの自動運転技術を搭載する可能性について話し合いを始めたことも発表した。

 FCAとWaymoは2016年5月に契約を発表し、Pacifica Hybridベースの自動運転車を共同開発してきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.