ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年06月08日 18時08分 公開

AIベンチャーのHEROZ、純利益2.6倍に B2B好調

将棋AI開発などを手掛けるベンチャー企業のHEROZが2017年5月〜18年4月の決算を発表。将棋ウォーズや、B2B領域のAIサービスが好調で増収増益だった。

[ITmedia]

 AI(人工知能)ベンチャーのHEROZ(東京都港区)が6月8日に発表した2017年5月〜18年4月の決算は、B2B領域のサービスなどが好調で売上高が11億5500万円(前年比31.6%増)、営業利益が3億5400万円(同298.6%増)と増収増益だった。純利益は2億4700万円(同162.7%)。

決算 通期決算

 B2B領域では、将棋AI開発で培った技術や知見を生かし、ディープラーニングなどの機械学習技術を集約したAIサービス「HEROZ Kishin」を拡販。収益を拡大した。

 一方、B2C領域では、スマートフォンアプリ「将棋ウォーズ」の課金収入が好調に推移した。同アプリは、17年5月の「第2期 電王戦」でプロ棋士・佐藤天彦名人に勝利した将棋AI「Ponanza」(ポナンザ)を利用している。

AI B2B
AI B2C

 今後も、同社の強みであるAI事業に注力。B2C領域で収益の確保、B2B領域で収益拡大を図りつつ、他社とのパートナーシップ戦略、知財戦略、人材採用を進めていく。

 18年5月〜19年4月の業績予想は、売上高13億円(前年比12.6%増)、営業利益4億円(同12.9%増)、純利益2億8000万円(同13.3%増)。機械学習用の自社計算サーバ構築のため2億円を投資する予定だ。

 同社は4月20日、東証マザーズに上場した。

今後 今後の展望

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.