ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年06月19日 16時42分 公開

「メルカリ上場記念セール」ユーザーが自発的に開催

フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリが東証マザーズに新規上場した。メルカリのアプリでは、出品者が「メルカリ上場記念セール」と銘打って“便乗セール”を行う動きが出ている。

[ITmedia]
画像 「メルカリ上場記念」の検索結果より。「上場記念セール」や「上場記念割引」「上場記念価格」の商品が多数ヒットする

 フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリが6月19日、東証マザーズに新規上場した。メルカリのアプリでは、出品者が「メルカリ上場記念セール」と銘打って“便乗セール”を行う動きが出ている。

 メルカリでは、出品者が「セール」と称して値引きなどの販促活動を行う文化があり、「雨の日セール」「ワールドカップ応援セール」など、さまざまな名目でセールが行われている。

 「上場記念セール」もそうしたセールの一環。販売されているのはアクセサリーや化粧品、家電製品、靴など多種多様で、メルカリ上場とは直接関係しなそうな商品が多い。


画像 「上場記念セール品」の例
画像
画像

 東証マザーズでは、19日午前9時の取引開始からメルカリ株に買い注文が殺到し、午前11時13分に取引が成立、公開価格(3000円)を66%上回る5000円の初値が付いた。同日の終値は5300円で、時価総額は約7172億円とマザーズ市場でトップに躍り出た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.