ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年06月19日 19時36分 公開

パルコのクラウドファンディングサイト、CAMPFIREと共同運営へ

パルコとCAMPFIREが、パルコのクラウドファンディングサイト「BOOSTER」を7月26日から共同運営する。BOOSTERで実施しているクラウドファンディングのプロジェクトをCAMPFIREにも掲載し送客する他、パルコの実店舗を生かしたイベントも行う。

[村田朱梨,ITmedia]
photo パルコの泉水隆常務執行役

 パルコと、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」を運営するCAMPFIREは6月19日、業務提携を結び、パルコのクラウドファンディングサイト「BOOSTER」を7月26日から共同運営すると発表した。CAMPFIREが持つWebマーケティングや金融関連の知見や人材、会員基盤などと、パルコが全国展開する16の実店舗を生かし相乗効果を狙う。Web上だけではない「リアルな売り場とタイアップした展開を行える」(パルコの泉水隆常務執行役)という。

photo クラウドファンディングサイト「BOOSTER」を7月からCAMPFIREと共同運営する
photo BOOSTERは物やサービスを対価に支援を募る「購入型」のクラウドファンディング

 BOOSTERに掲載しているクラウドファンディングのプロジェクトは、CAMPFIREにも掲載。CAMPFIREの利用者は、BOOSTERの会員登録不要で、プロジェクトを支援できる。

 プロジェクト実行者には、パルコやCAMPFIREが抱える、エンターテインメント領域などの取引先をマッチングする機会も提供。パルコの実店舗で、成功したプロジェクトの製品を販売する他、進行中のプロジェクトを支援するイベントなどの開催も検討する。

 パルコとCAMPFIREは2017年12月に、2つのクラウドファンディングプロジェクトで、資金調達を共同で行い、いずれも目標金額を上回ることができた。パルコの泉水常務執行役は、今回の提携で「CAMPFIREを通じてBOOSTERの案件開発、資金調達、SNSでの宣伝などを共同で実施していく」としている。

photo 提携内容

photo CAMPFIREの家入一真社長

 CAMPFIREの家入一真社長は「これまでも『リアルな場』を提供してほしいという要望は多く、当社のセミナールームを提供することもあった。支援者を集めるイベントや発表会、展示会などをやりたいというニーズは高い」と話す。

 相乗効果により、2020年に両社合わせた流通総額として年間200億円を目指す。CAMPFIREのクラウドファンディングで得た評価をもとに、100万円もしくはクラウドファンディング達成金額まで与信で資金を借りられる金融事業「CAMPFIREレンディング」の検証も進めるとしている。

photo CAMPFIREレンディング

 また今回の業務提携にあたり、パルコはCAMPFIREの一部株式を取得する形で出資契約も結んだ。出資金額は明らかにしていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.