ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年06月20日 12時00分 公開

ブロックチェーンや暗号通貨「使っていく」 ソフトバンク孫会長が意欲

ブロックチェーンや暗号通貨について、ソフトバンクグループの孫会長は「われわれのグループの会社が続々と(サービスを)準備し、開始している」と意欲を見せた。

[ITmedia]
photo ソフトバンクグループの孫正義会長(兼社長)=同社が6月20日に開いた定時株主総会の動画より

 「ブロックチェーンを使ったさまざまな暗号通貨や情報のやりとりは、重要な基幹技術と認識している。われわれのグループの会社が続々と(サービスを)準備し、開始している」――ソフトバンクグループの孫正義会長(兼社長)は6月20日、同社の定時株主総会でそう述べた。

 孫会長は「ただ、現在世の中にある暗号通貨は、実体的価値よりも投機的価値が先行しているものが多数ある」とも指摘。「それぞれの暗号通貨の善しあしを付けるのは難しいが、技術そのものは始まったばかり。さまざまな形で進展すると思うし、グループの会社で使っていく」と意欲を見せた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.