ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年06月25日 15時20分 公開

「女性エンジニアが少ないとやる気が出ない」 講演の「不適切な表現」でヤフー謝罪 「チェック不足だった」

「女性エンジニアが少ないと男性エンジニアのやる気が出ない」――ヤフーの若手エンジニアによる講演に「不適切な表現」があったとしてヤフーが謝罪した。

[ITmedia]

 ヤフーは6月22日、同社の若手エンジニアが4月に行った機械学習に関する講演に「不適切な表現が複数あった」とし、「多くの方に不快な思いをさせてしまったことを深くお詫びする」と謝罪文を出した。講演には「女性エンジニアが少ないと、男性はやる気が出ない」といった表現があり、「女性蔑視だ」などと批判を集めていた。

画像 ヤフーの謝罪文

 問題になった講演は、4月21日、30歳以下のエンジニアのための技術イベント「Battle Conference U30」(サイバーエージェント主催)で行われたもの。

 講演では、ヤフーの若手男性エンジニアが、「エンジニアが抱えるもっとも重要な問題」として、女性エンジニアが少ないことを挙げ、「男性は『いいところを見せたい』というやる気が出ない」「女性エンジニアは女子トークができない」などとし、機械学習を使って男性エンジニアの声を女性に変換する技術を紹介していた。

 この講演のログがネットで公開されると、「女性エンジニアは男性エンジニアのやる気を上げるための存在ではない」「話者が女性を対等に扱っていない」などと批判が集まり、「ヤフーはなぜこの内容で講演させたのか」と、企業としての姿勢を問う声も上がっていた。

 ヤフーによると、講演などで社外に発信する際は必ず、複数人が内容をチェックするという。この講演も複数人でチェックしたが、「担当者のミスがあった」ため、不適切な表現を含んだまま発表されたという。

 同社は「このようなことが2度と起きぬよう、改めて社内のチェック体制の見直し・徹底、全社員に対する啓発教育などを通じて、再発防止に努める」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.