ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年06月27日 11時02分 公開

Facebook、仮想通貨関連広告を条件付きで一部解禁

1月に仮想通貨関連の広告を全面的に禁止したFacebookが、バイナリオプションとICO以外であれば条件付きで解禁した。広告主は「オンボーディングリクエスト」でFacebookに出広を申請し、承認されれば広告を出せる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは6月26日(現地時間)、1月に発表した仮想通貨関連広告の禁止を一部緩和したと発表した。

 1月の段階では、仮想通貨、バイナリオプション、ICO(Initial Coin Offering:新規コイン発行)などの金融商品やサービスは「誤解を招いたり、欺瞞的な宣伝活動に頻繁に関連する」こととして全面的に禁止していた。特にICOやバイナリオプションは誠実に運営されていないことが多いと指摘した。

 今回の緩和では、Facebookから事前に書面による許可を受ければ暗号通貨や関連する商品・サービスを宣伝できるようになった。ただし、バイナリオプションとICOについては今後も禁止のままだ。

 coin 1 広告ポリシーが変更された

 関連広告を出したい広告主は専用ページからオンボーディングリクエストを送信する必要がある。これが認められれば通常の広告同様に広告を出せるようになる。

 coin 2 オンボードリクエスト書式

 Facebookだけでなく、米Google米Twitter、米Snapchat(はICOのみ禁止)もそれぞれのサービスでの仮想通貨関連広告を禁止している。Facebookは5月、ブロックチェーン関連事業を立ち上げている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.