ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年06月27日 23時48分 公開

Facebook、ネットワーク接続のための「Aquila」ドローン開発を打ち切り

Facebookが“残りの40億人”にインターネットを提供するために立ち上げたプロジェクトの一環、「Auila」プロジェクトを終了し、無人機(ドローン)の自社開発を打ち切る。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは6月26日(現地時間)、“残りの40億人”にインターネットを提供するプロジェクトの一環である無人機(UAV)「Aquila」の開発を打ち切ると発表した。

 aquila 1 Facebookが公開したAquilaのプロトタイプ

 Aquilaは、Facebookが2014年に立ち上げた、次世代インターネット構築に取り組む同社の研究所Connectivity Labが開発する太陽電池で飛ぶ無人機。上空6万〜9万フィート(1フィート=約30センチ)に滞空するAauilaのレーザー発信装置から地上のレーザー受信装置にレーザーを送ることで、通常の方法ではインターネット網の構築が困難な地位にインターネット環境を提供するという構想だった。

 aquila 2 UAVと衛星を併用するFacebookのプロジェクト

 同社は昨年11月、仏Airbusと高高度擬似衛星(HAPS)の開発での提携を発表しており、今後はこうした取り組みに注力していくとしている。また、「Terragraph」などの技術開発も引き続き進めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.