ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年07月03日 15時56分 公開

電子メモパッド「ブギーボード」に半透明液晶モデル シリーズ最大の13.8型

キングジムは7月3日、電子メモパッド「Boogie Board」(ブギーボード)シリーズで初めて半透明液晶を搭載した「BB-11」を発表した。価格は9200円(税別)で、8月3日に発売する。

[井上輝一,ITmedia]

 キングジムは7月3日、電子メモパッド「Boogie Board」(ブギーボード)シリーズで初めて半透明液晶を搭載した「BB-11」を発表した。価格は9200円(税別)で、8月3日に発売する。

「Boogie Board」(ブギーボード)シリーズで初めて半透明液晶を搭載した「BB-11」

 BB-11の画面サイズは13.8型(216×279ミリ)と、A4サイズ(210×297ミリ)に近い大きさでシリーズ最大となる。

 液晶が半透明であるため、テンプレートを下に敷いてガイドとして使用したり、文字やイラストを敷いてトレスをしたりといった活用ができる。本体付属のテンプレートシートとして、無地でけい線の入ったシートと、ドットの入った方眼シートの2種類が付属する。

半透明液晶なので、下にテンプレートシートなどを敷いて活用することもできる

 ブギーボードは、圧力によって黒から白に色が変わる液晶を活用した電子メモパッド。ペンや爪など先端のとがったもので書き込んだ後、消去ボタンを押すことで液晶がリセットされる。使用電池はコイン型リチウム電池1個で、約5万回の書き換えが可能。

 BB-11の本体サイズは231(幅)×5(奥行き)×328(高さ)ミリで、重量は約273グラム。電池の取り換えも可能。

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.