ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年07月06日 12時25分 公開

野球スタジアム観客席のドリンク販売、QRコード決済で 楽天が国内初

楽天が決済サービス「楽天ペイ」を「楽天生命パーク宮城」の観客席でのドリンク販売に導入する。売り子が首から提げたQRコードをスマホアプリで読み取り、金額を入力して決済する。

[ITmedia]

 楽天は7月5日、決済サービス「楽天ペイ」を、野球スタジアム「楽天生命パーク宮城」(仙台市)の観客席でのドリンク販売に7日から導入すると発表した。売り子が首から提げたQRコードを、利用者がスマートフォンアプリで読み取り、金額を入力して決済する。同様の試みは国内初という(同社調べ)。

photo 野球場でのドリンク販売にQRコード決済を導入

 楽天ペイは、楽天の会員情報にクレジットカードをひも付けて利用するキャッシュレス決済サービス。対象店舗での買い物の際、利用者が店頭のタブレット端末に表示されるQRコードをスマホアプリで読み取って支払う。金額に応じて「楽天スーパーポイント」がたまり、支払いにも利用できる。

 観客席でのドリンク販売は、QRコードを読み取った観客が支払い金額を入力。その後、売り子が支払いが完了しているかを確認する。店頭と同様、楽天スーパーポイントも利用できる。

photo 観戦席でのドリンク販売の支払いフロー

 楽天生命パーク宮城は、楽天グループの楽天野球団が運営するプロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」のホームスタジアム。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.