ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年07月11日 11時48分 公開

“持ち運べる”ヤマハのスピーカーフォン「YVC-200」 バッテリー搭載、遠隔会議しやすく

ヤマハが、PC、スマートフォンやタブレット端末などと接続し、音声会議やWeb会議が行えるスピーカーフォン「YVC-200」を9月に発売する。シリーズ初のバッテリー搭載モデルで、リモートワークや在宅勤務での活用を見込む。

[ITmedia]

 ヤマハは7月10日、PC、スマートフォンやタブレット端末などと接続し、音声通話やWeb会議が行える小型のスピーカーフォン「YVC-200」を9月に発売すると発表した。同社のスピーカーフォンとしては初めてバッテリーを搭載し、持ち運びをしやすくしたことで、リモートワークや在宅ワークでの活用を見込む。価格は3万円(税別)。

photo ヤマハのスピーカーフォン「YVC-200」

 YVC-200は、USB接続とBluetooth接続に対応。NFC(Near Field Communication)を搭載したスマホやタブレット端末であれば、近づけるだけで接続できる。リチウムイオンバッテリーを搭載し、1回の充電で最大10時間の連続通話が可能。携帯電話回線を使用したスマホや、Skypeでの通話などにも対応する。

 無指向性マイクを内蔵し、半径1メートルほどの範囲であれば、話者の位置を選ばずにスムーズに通話できるという。マイクに近い人と遠い人で、音量を自動調節する「オートゲインコントロール」も備えた。スピーカーの最大出力は88デシベル。

 音声処理技術は、既に販売しているYVCシリーズ製品と同様、出力した音声の戻りを防ぐ「適応型エコーキャンセラー」や、周囲のノイズを除去して音声だけを拾う「ノイズリダクション」などを採用した。

 本体サイズは140(幅)×140(奥行)×43(高さ)ミリ、重さは280グラム。カラーはブラックとホワイトの2色。USBケーブルと持ち運び用のキャリーケースを付属する。

photo 利用イメージ

 働き方改革の一環で、リモートワークや在宅勤務を取り入れる企業が増える中、「自宅や外出先から打ち合わせに参加する」「シェアオフィスやサテライトオフィスに持ち込んで使用する」といった使い方を想定しているという。

 新製品は、家電量販店などで個人向けに販売する他、法人向けにも展開。販売台数は年間3万台を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.