ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年07月11日 18時28分 公開

SAOプロデューサーらが参加、VRミステリーアドベンチャーゲーム「東京クロノス」 クラウドファンディング開始

VRミステリーアドベンチャーゲーム「東京クロノス」のクラウドファンディングがスタート。アニメ「ソードアート・オンライン」をプロデュースした三木一馬さんなど有名クリエイターたちが開発に携わっている。

[ITmedia]

 VRスタートアップのMyDearest(東京都千代田区)は7月10日、VRミステリーアドベンチャーゲーム「東京クロノス」のクラウドファンディングを開始した。翌11日時点で目標額250万円を達成。2019年2月に「SteamVR」などで配信する予定だ。

VR VRミステリーアドベンチャーゲーム「東京クロノス」

 東京クロノスは、VRヘッドマウントディスプレイを装着して遊ぶ、ミステリーアドベンチャーゲーム。バーチャル空間に再現された渋谷の街が舞台だ。360度に広がるVR空間の中でキャラクターたちが表情豊かに動く。会話はフルボイス。

VR プロトタイプのゲーム画面
VR

 スタッフには、ライトノベル「ソードアート・オンライン」「とある魔術の禁書目録」などの編集やアニメプロデュースを担当した三木一馬さん、3DCGアニメ映画「楽園追放-Expelled From Paradise-」でモーション監督を務めた柏倉晴樹さんらが参加。MyDearestによると、「日本発で世界的にヒットするVR作品をつくりたい」という強い思いから開発が始まった

スタッフ

 Oculus Rift、Oculus Goの他、PCVRのプラットフォーム「SteamVR」に対応するHTC Viveなどのヘッドマウントディスプレイに対応。19年5月にはPlayStation VR向けにも配信する予定だ。

VR 対応プラットフォーム

 クラウドファンディングで募った資金は、作品を完成させるための開発費や、国内でのプロモーション費用に充てる。支援者の意見はゲームに反映することもあるという。支援額は3000円から。

 MyDearestは「画面の向こう側へ行くビジュアルノベルにする」としている。一般販売時の価格は未定。

登場キャラクター

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.