ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年07月12日 11時49分 公開

VOCALOID5発売 AU対応、日英男女の新4ボイス付属

4年ぶりのVOCALOIDバージョンアップ。ゼロから作るのではなく、フレーズループを組み合わせて作る現代的なサウンドメイキングが可能に。

[松尾公也,ITmedia]

 ヤマハは7月12日、歌声合成ソフトVOCALOIDの新バージョン「VOCALOID5」を発売した。大量のプリセットフレーズをドラッグ&ドロップするループシーケンサー的な歌作りが可能になっているほか、全くの新作音源が英語、日本語、男女の組み合わせで4種類、付属する。

 Cubaseに限定されていたDAWとの連携はVST、AU(GarageBand Logicなど)にも対応した。価格はSTANDARD版が2万5000円。他のヤマハ製音源4種類が追加されたPREMIUM版が4万円。いずれも税抜き。

photo VOCALOID5のユーザーインタフェース
photo 新音源VOCALOID。左からAmy、Chris、Kaori、Ken

 サードパーティ製音源としては井上喜久子さんの声をベースにした「桜乃そら」が発売予定。

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.