ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年07月12日 12時22分 公開

講談社、「STOP! 海賊版マンガサイト」テレビCM展開、全漫画誌に広告

講談社は、海賊版漫画サイトを利用しないよう読者に呼び掛けるキャンペーンを始めた。6月末から全漫画誌に広告を掲載。7月中旬からはテレビCMを放送する。

[ITmedia]

 講談社は7月12日、海賊版漫画サイトを利用しないよう読者に呼び掛けるキャンペーン「STOP! 海賊版マンガサイト」を始めたと発表した。6月末から全漫画誌に広告を掲載しているほか、7月中旬からはテレビCMを放送。CM動画はYouTubeでも公開している。

画像 雑誌広告

 6月末以降発売の「週刊少年マガジン」「モーニング」「なかよし」「Kiss」など全漫画誌に、海賊版漫画サイトを使わないよう訴える1ページ広告を掲載。講談社漫画の人気キャラクターをあしらい、「マンガに、未来を。」「海賊版マンガサイト撲滅にご協力をお願いします」と呼び掛ける内容だ。

 また、海賊版漫画サイトを利用しないよう呼び掛けるテレビCMを、7月中旬以降放送のアニメ番組で展開。現時点で、講談社作品原作の『はたらく細胞』『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』『ぐらんぶる』『はねバド!』など6アニメで放送が決まっている。また、講談社Webサイトトップページで、テレビCM動画を公開した。

画像 講談社の公式サイトトップページより

 海賊版漫画サイトを利用しないよう呼び掛ける取り組みは、小学館も6月にスタート。「NO! 海賊版・違法サイト」キャンペーンとして、全雑誌・デジタル媒体に告知広告を掲載している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.