ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年07月13日 15時36分 公開

駅の券売機で銀行預金引き出し 東急が来春開始へ

東急線各駅の券売機で銀行預金の引き出しができる「キャッシュアウトサービス」が来春スタートへ。スマートフォンアプリを使って事前に引き出し金額を申請し、表示されたQRコードを券売機の読み取り機にかざすと引き出せる。

[ITmedia]

 東京急行電鉄(東急)は7月13日、東急線各駅の券売機で銀行預金の引き出しができる「キャッシュアウトサービス」を開発し、2019年春からの提供を目指すと発表した。GMOペイメントゲートウェイ、横浜銀行、ゆうちょ銀行と共同で開発。駅の券売機を使ったキャッシュアウトサービスは国内初という。

画像 利用イメージ(東急のニュースリリースより)
画像 GMOペイメントゲートウェイのニュースリリースより

 スマートフォンアプリを使って事前に引き出し金額を申請し、表示されたQRコードを券売機の読み取り機にかざすと、横浜銀行やゆうちょ銀行など提携金融機関の預金が引き出せる仕組み。ATMなどに立ち寄らず、生活動線上にある東急線の駅で現金を引き出すことができ、また、券売機で暗証番号などを操作する必要がないため、ATMより引き出しにかかる時間が大幅に短縮できるとしている。

 GMOペイメントゲートウェイと横浜銀行が共同開発した、銀行口座と連動してスマホアプリから即時に口座引き落としができる「銀行Pay」の仕組みを活用。2017年4月の銀行法施行規則の改正により、スマホなどを使ったキャッシュアウトが国内でも一定の条件下で認められるようになったことから、銀行Payにキャッシュアウト機能を追加することにしたという。

 18年度中に、東急線の一部の券売機で、横浜銀行とゆうちょ銀行のスマホアプリを使った実証実験を行う。また、他事業者にこのサービスの仕組みを提供し、東急線以外でのサービス提供の検討も進める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.