ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年07月17日 12時21分 公開

Uber、ピックアップを確実にするための「Spotlight」や予約に遅れたら次回10%オフ機能を追加

Uberが、ドライバーが乗客を見つけやすくするための新機能や、予約時間に遅れた場合に次回の料金を10%オフにする機能を追加した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Uberは7月16日(現地時間)、ライダー(乗客)向けモバイルアプリに3つの新機能を追加したと発表した。

ドライバーに居場所を画面の色で知らせる「Spotlight」

 「Spotlight」は、混雑した路上などでのピックアップ(ドライバーがライダーを見つけること)をスムーズにするために、ライダーが自分のスマートフォンの画面をドライバーに分かる色に変える機能。ドライバーには例えば「黄色」と通知があるので、ライダーが画面を黄色にしたスマートフォンを道路に向かってかざしていれば、見つけやすいだろう。

 利用するには、画面右下のアイコンをタップするだけ。タップすると画面に「スマートフォンをかざしてください。ドライバーはこの色であなたを見つけます」というアドバイスと、向かっているドライバーの車の車種とナンバーが表示される。

 uber 1

予約時間に遅れると次回は10%オフ

 Uberでは事前に配車を予約できるが、もし指定した時間通りに車が到着しなかった場合、次回利用が10%オフになる。指定時間は10分の幅で指定できる。

プリセットの「Pickup Messages」

 ピックアップに向かっているドライバーに例えば「赤いジャケットを着ています」というような目印の説明をするためにチャットが使えるが、「今向かっています」「あなたを探しています」など、1タップで送信できるプリセットのメッセージが用意された。

 uber 2 ピックアップメッセージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.