ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年07月26日 15時03分 公開

Qualcomm、「Appleは次期iPhoneでうちの競合のモデムを採用する」

Qualcommのアモン社長が4〜6月期決算発表後の電話会見で、「Appleが次期iPhoneではQualcommではなく、競合他社のモデムだけを採用すると考えている」と語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Qualcommのクリスチアーノ・アモン社長は7月25日(現地時間)、2018年第3四半期(4〜6月期)の業績発表後の電話会見で、「われわれは、Appleが次期iPhoneではQualcommではなく、競合他社のモデムだけを採用すると考えている。既存のApple製品のモデムについては今後も提供していく予定だ」と語った。

 Qualcommは現在、Appleおよび米連邦取引委員会(FTC)と複数の特許関連の裁判で係争中だ。

 電話会見の質疑応答でAppleにもうモデムを供給しないのかという質問に対し、アモン氏は「機会があれば、またAppleのサプライヤーになると思う」と語った。同氏は今年の1月、前任のデレク・アベール氏の退社で社長に就任した。

 QualcommとAppleの訴訟には、米IntelもApple側として参戦している。AppleはiPhone 7からIntelのモデムチップも採用していることが確認されている。

 また、Appleが次期iPhoneでMediaTekの5Gモデムチップを採用するといううわさもある。

 Qualcommの4〜6月期決算は、売上高は6%増の56億ドル、純利益は12億ドル(1株当たり82セント)と好調だった。

 qualcomm

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.