ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年07月27日 14時04分 公開

ソフトバンクとヤフー、コード決済サービス「PayPay」を秋に開始 ヤフーの「コード決済」は終了へ

ソフトバンクとヤフーは、コード決済サービス「PayPay」の提供を秋に開始すると発表した。両社が設立した合弁会社・PayPayを通じて日本全国に展開する。ヤフーで提供している「コード支払い」はPayPay提供開始に伴って終了。

[ITmedia]

 ソフトバンクとヤフーは7月27日、コード決済サービス「PayPay」の提供を2018年秋に始めると発表した。両社が設立した合弁会社・PayPay(ペイペイ)を通じて展開し、「業種を問わず、日本全国の『現金決済が行われている場』に提供し、加盟店とユーザー数で日本ナンバー1を目指す」(ヤフー広報)という。PayPayの提供開始に伴い、6月からヤフーが提供している「Yahoo!ウォレット」のコード決済機能「コード支払い」は終了するという。

photo プレスリリースより
photo PayPay提供開始に伴い、ヤフーが提供している「コード支払い」は終了するという

 PayPayは、専用アプリや「Yahoo! JAPAN」アプリ(iOS/Android)で利用できるコード決済サービス。店舗側が表示したQRコードを利用者がスマートフォンなどで読み取る、または利用者が提示したQRコードやバーコードを店舗のレジで読み取る、2つの方法で決済が行えるという。支払いはクレジットカードか電子マネーを選択できる。加盟店については後日公表予定としている。

 現在、ヤフーの「コード支払い」では支払い金額200円(税込)につき1ポイントのTポイントがたまるようになっているが、PayPayでのTポイント付与については未定という。

 システムについては、インド最大級の電子決済サービス企業であるPaytm(ペイティーエム)と連携し、同社の技術を活用してPayPayが日本国内向けに開発する。

 PayPay株式会社はソフトバンクとヤフーが6月に設立した合弁会社。ヤフーは4月の決算発表会で2018年度以降「モバイルペイメント」に注力する方針を発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.