ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年07月30日 11時41分 公開

YouTube、デスクトップでの縦長や4:3など非標準アスペクト比の動画表示を改善

YouTubeが、PCのWebブラウザでの動画表示で、これまで上下や左右に黒い帯を入れて表示していた16:9以外のアスペクト比の動画の表示を改善した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは7月28日(現地時間)、PCのWebブラウザで、推奨アスペクト比(16:9)以外の動画の表示方法を改善したと発表した。

 これまでは、16:9以外のアスペクト比の動画は、左右または上下に黒い帯が表示されていた。これが、スマートフォンなどで撮影した縦長動画の場合、左右が白くなり、表示サイズが少し大きくなった。

 youtube 1 縦長動画のこれまで(左)と現在

 4:3の動画の場合は、左右いっぱいに表示され、16:9より縦幅が高くなった。

 youtube 2 4:3動画の新しい表示(右)

 これに伴い、標準の16:9の動画の表示も従来より大きくなった。

  youtube 3 16:9動画も大きく表示(下)

 YouTubeのAndroidおよびiOSアプリは既に縦長動画の表示を改善済みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.