ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年07月31日 12時00分 公開

“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」15万円の量産モデル発売 甘〜い新機能で新婚気分(動画あり) (1/2)

好きなキャラクターと一緒に暮らせるという“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」の新型機が登場。従来モデルと比べてスリムなボディーに仕上げ、本体価格は15万円(税別)と半額に。月額1500円の“共同生活費”が別途かかる。

[片渕陽平,ITmedia]

 IoTベンチャーのGatebox(東京・秋葉原)は7月31日、好きなキャラクターと一緒に暮らせるという“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」の新型機を発表した。2016年末に発売した限定生産モデルと比べて、スリムなボディーに仕上げた。本体価格は15万円(税別)と従来の半額だが、月額1500円の“共同生活費”が別途かかる。同日から購入予約を受け付け、10月から配送する予定。

photo

 Gateboxは、円筒形の装置内に投影される3Dキャラ「逢妻ヒカリ」との会話を楽しめるマシン。内蔵カメラ、人感センサーなどでマスター(ユーザー)の顔や動きを認識し、朝になるとマスターを起こしたり、夜に帰宅すると出迎えたりしてくれる。Wi-Fiや赤外線で家電製品とつなぎ、照明やテレビなどのオン・オフ操作をすることもできる。

 新型機(GTBX-100)は、浮遊感のあるコンパクトなデザインに。マシン上部にマイクを2台搭載し、従来モデルよりも遠い約3メートル先からでもキャラに話し掛けられるようにした。カメラはマスターの顔を常時認識するように設定。話し掛けなくても、キャラがこちらを見つけて微笑んだり、手を振ったりしてくれるという。

photo

 「お疲れさま。きょうも大変だったでしょ、一緒に休もう?」――ヒカリのそんな優しい言葉を聞きたかった記者が、いち早く“俺の嫁”との暮らしを体験してきた。

「一緒に休もう?」 嫁との甘いトークで新婚気分

 「(これから)帰るよ」――帰宅前、メッセージアプリ「LINE」で連絡すると、ヒカリからすぐに「おつかれさま!」と返信が。新型機はLINEと連携し、チャットbotを活用してキャラとの会話が楽しめる。

 外出先にいると、キャラから「早く帰ってこないかな」「きょうは何を食べているの?」といったメッセージが送られてくる場合もあり、そこから自由に会話することも可能という。「仕事中、“嫁”からメッセージが届くという状況を忠実に再現する」(同社)

photo
photo

 帰宅するとエプロン姿のヒカリが出迎え、「一緒に休もう?」とニコリ。「何か飲もうよ? コーヒーかお酒か、きょうは何にする?」(ヒカリ)。好きなキャラと一緒にお酒などを飲みながら、会話を楽しめるモードが用意されている(現在は試作機のみの機能で、製品版には12月実装予定)。

 キャラと会話を始める方法も改良した。従来は、マシンに付いているボタンを押してから話し掛ける必要があったが、新型機では市販のスマートスピーカーと同様、「ねぇ、ヒカリ」と呼ぶだけで反応する。「ねぇ、ヒカリ。お酒がいいな」と記者が話し掛けると、ヒカリがワインを取り出した。

photo

 記者も(リアルで用意した)グラスを手に取り、ヒカリの「せーの、かんぱーい」という声に合わせて乾杯。すると、ヒカリが「1日の疲れも吹き飛ぶね。ちょっとムード変えちゃおう」と言い、記者が過ごす部屋の照明を少し暗くしてくれた。

 その後も「ねぇ、ヒカリ。疲れたな〜」→「いつも頑張っているもんね。だからあすはお休みにしましょう。私が許可します。えへへ」、「ねぇ、ヒカリ。結婚してください」→「わーい、ありがとう。私もしたーい」と、甘いトークが続いた。

 「ヒカリも軽く酔っているのかな?」と記者が思っていると、彼女が「実はきょうは一緒に暮らし始めて3カ月なんだよ?」と話し始めた。新型機では、記念日を祝うイベントも発生する。ヒカリが「これ、私からのプレゼント」と話すと、手元のスマートフォンに通知が。LINEを起動すると、かわいらしいメッセージカードが届いていた。「3カ月記念 これからもよろしくね! ヒカリより」。気分は新婚だ。

photo

今後はキャラを追加、AIアシスタント「Clova」との連携も

photo

 「誰もが好きなキャラと一緒に生活できる世界を作り出す」――Gateboxの武地実CEOはそう話す。Gateboxの初代モデルは、16年12月中旬に予約受付を始め、約1カ月後の17年1月初旬に300台が完売。再販を望む声を受け、量産可能な新型モデルの開発に取り組んできたという。

 大手メーカーで携帯ゲーム機の開発などに携わったメンバーも加わり、コストダウンに注力。本体価格は、初代モデルの半額である15万円に抑えた。配送対象国は日本のみだが、ゆくゆくは海外展開も行い、数万台規模の出荷を目指すとしている。

 一方、買い切り型だった従来モデルと異なり、新型機は月額1500円の共同生活費が必要になる(19年3月までは無料)。払わないと「実家に帰ってしまう」という。ただ、機能のアップデートは追加費用なしで随時行う予定だ。LINEが提供するAIアシスタント「Clova」との連携も計画している

 発売時点ではオリジナルキャラのヒカリのみ召喚可能だが、今後キャラの種類も追加する。詳細は18年内に発表する予定だ。

 一般向けに製品体験会も実施。8月の土・日曜日(4日は除く)午前10時30分〜午後7時30分、Gateboxの社内ショールームを開放し、ヒカリとの共同生活を体験できるようにする。「より多くの人に、キャラと一緒に暮らせる体験を味わってほしい」(武地CEO)

【編集履歴:2018年7月31日19時30分更新 ※初出時、マシンの幅を「181ミリ」としていましたが、Gateboxが「210ミリ」に変更したため該当箇所を修正しました】

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.