ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年07月31日 16時47分 公開

無料の3Dキャラメーカー「VRoid Studio」、先行応募者へ提供開始

ピクシブは7月31日、VRやARのプラットフォーム上で利用できる3Dキャラクターを作れる無料ソフト「VRoid Studio」(ブイロイド・スタジオ)のβ版を、先行応募者向けに提供した。一般向けには8月3日に公開する。

[井上輝一,ITmedia]

 ピクシブは7月31日、VRやARのプラットフォーム上で利用できる3Dキャラクターを作れる無料ソフト「VRoid Studio」(ブイロイド・スタジオ)のβ版を、先行応募者向けに提供した。一般向けには8月3日に公開する。

3Dキャラクターを作れる無料ソフト「VRoid Studio」(ブイロイド・スタジオ)β版

 今回公開するのは、基本的な機能を備えた「バージョン0.1」。利用できるのは、(1)ペンのストロークで髪をモデリングできる機能、(2)顔や髪、体、服のテクスチャ編集機能、(3)顔や目のパラメータ調整機能。ベースキャラクターは女性のみで、今後男性キャラクターも提供予定。作ったモデルはVRM形式でエクスポートできる。

 ヘアデザイン機能では、キャラ頭頂部からペンをストロークすることで、イメージした髪の流れ通りに直感的に毛束を作れるという。作った毛束は後からパラメータで編集可能。

ペンで直感的に毛束を作れる
髪形編集用のガイドを表示したところ

 テクスチャ編集機能は、3Dオブジェクト上に直接絵を描くように編集できる。2次元上に展開した状態のオブジェクトにも書き込むことができ、リアルタイムに3Dオブジェクト上で描画を確認できる。

 VRoidのペンツールは筆圧に対応し、濃淡の描き分けも可能。瞳の書き込みはもちろん、まつげやアイラインもレイヤーを利用して編集できる。

顔や目にテクスチャを書き込める
3Dオブジェクトに直接書き込むことも
まつげやアイラインも編集できる

 顔のカスタマイズでは、ベースとなる3Dモデルを基に、目や口、鼻といった各パーツの位置や大きさをスライダーで調節できる。

顔の各パーツの位置や大きさをパラメータで調節可能

 今後提供を予定する機能は以下の通り。各提供時期は公式サイトや公式Twitterアカウントなどで随時案内する。

モデリング機能の強化

  • 体形のカスタマイズ
  • ヘアデザイン機能にポニーテールやツインテールの作成ツールを追加
  • 表情デザイン機能
  • 顔編集機能に八重歯や牙などの設定を追加
  • ケモノ耳やツノなど、付加パーツのデザイン機能
  • 髪の毛など、揺れもの設定機能
  • 顔や体形の形状編集機能の強化
  • 男性ベースモデルの提供
  • ベースモデルの衣装の拡充
  • 衣装デザイン機能
  • アクセサリーなど、他ソフトで作成された3Dモデルのインポート

テクスチャ編集機能の強化

  • ペンツール(ブラシ)のカスタマイズ

ユーザビリティの向上

  • VRMで定義された表情セットの自動追加
  • 作成したモデルに表情やポーズをつけて撮影ができる機能
  • UIの改善
  • ショートカットキーへの対応
  • 多言語対応(英語から開始)
  • FBX形式・OBJ形式へのエクスポート

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.