ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年07月31日 19時28分 公開

LINE、Messaging APIに新機能 ユーザーが返信しやすくなる「クイックリプライ」

LINEが企業向けAPI型アカウントなどで利用できる「Messaging API」の新機能として「クイックリプライ」を公開した。企業側は、ユーザーがメッセージに返信しやすいように、ユーザー側のアクションを簡易化できる。

[ITmedia]

 LINEは7月31日、企業向けAPI型LINEアカウントなどで利用できる「Messaging API」の新機能として「クイックリプライ」を公開した。企業側は、ユーザーがメッセージに返信しやすいようにアクションを簡易化できる。ユーザーは画面に表示されるアクションボタンをタップするだけで、企業アカウントへ返信できるようになる。

photo 「クイックリプライ」

 クイックリプライは、「LINE ビジネスコネクト」などのAPI型LINEアカウントや、Messaging APIが有効な「LINE@」のチャンネルを持つ企業・外部開発者であれば実装できる。特定のメッセージに対し、アクションボタンを最大13個まで設定可能。例えば、ユーザーからテキストで返信をもらう以外に、カメラやカメラロールを起動してもらう、位置情報を送信してもらうといったアクションを用意できる。

photo クイックリプライで設定できるアクション(LINE Developersドキュメントより)

 企業や開発者は、ユーザーから欲しい情報をスムーズに得られるようになる他、チャットbotの利便性を向上できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.