ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年08月03日 12時39分 公開

楽天、高校生と地域の課題解決を目指す「Rakuten IT School NEXT」スタート

楽天が高校生と地域に課題解決を目指す「Rakuten IT School NEXT」を開始した。高校生は8月3日〜5日に開催するワークショップで課題解決のアイデアを考え、楽天社員のサポートを得ながらブラッシュアップし、11月に発表を行う。

[ITmedia]

 楽天は8月3日、同社のサービスやテクノロジーを使って高校生と各地域が抱える課題の解決に取り組む「Rakuten IT School NEXT」を始めた。参加する高校生は、ワークショップや楽天社員との意見交換を通じて解決策を検討。11月に各校の校内発表を、12月には各校の代表チームによる成果発表会を実施する。

photo プレスリリースより

 Rakuten IT School NEXTに参加するのは国内10校の高校生137人。学校ごとに「子育て環境の充実」や「インバウンド観光」「地震からの復興」などさまざまな地域課題が設定されており、高校生は地域住民へのインタビューなどから解決のためのアイデアを考える。ワークショップでは楽天社員がファシリテーターとして高校生をサポートする他、その後も遠隔で意見交換をするなど解決策のブラッシュアップに協力する。

【訂正:2018年8月6日午後0時30分 楽天よりプレスリリース内容に変更があったとの連絡を受け、参加校についての記載を修正しました。】

photo 参加高校とテーマ

 今回の取り組みは楽天が取り組むCSR活動の一環という。同社は2008年からパートナー企業と協力して高校生にインターネットビジネスを教える「楽天IT学校」も実施している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.