ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年08月06日 11時10分 公開

NYSE運営のICE、MicrosoftやStarbucksと共に仮想通貨企業Bakkt立ち上げ

Intercontinental Exchange(ICE)が、Microsoft、Boston Consulting Group、Starbucksらと提携し、仮想通貨のグローバルなプラットフォーム構築を目指す新企業Bakkt(バクト)の立ち上げを発表した。

[ITmedia]

 ニューヨーク証券取引所(NYSE)を運営する米Intercontinental Exchange(ICE)は8月3日(現地時間)、仮想通貨のオープンで安定したグローバルエコシステム構築を目的とした新企業Bakkt(バクトと発音する)の設立を発表した。米Microsoft、米Starbucks、企業コンサルの米Boston Consulting Groupなどと提携し、消費者や組織がデジタル資産を売買、保管、利用するためのプラットフォームの構築を目指す。

 bakkt 1

 Microsoftのクラウドサービスを利用する。Starbucksは、仮想通貨を店舗で使えるように米ドルに変換するアプリを開発する計画。

 ICEは米商品先物取引委員会(CFTC)の認可を待って、11月に同社の先物取引所および決済機関でウェアハウジングを伴うビットコイン契約を立ち上げる計画だ。

 bakkt 2

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.