ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年08月17日 13時27分 公開

自動運転のNuro、米大手スーパーチェーンKrogerの自動運転配達で提携

Waymo出身エンジニアが立ち上げたNuroが、米スーパー大手のKrogerと提携し、アリゾナ州で無人自動運転車による配達サービスのパイロットを開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米大手スーパーチェーンのKrogerは8月16日(現地時間)、米自動運転関連新興企業Nuroとの提携で、自動運転車による食料品配達のパイロットを開始すると発表した。アリゾナ州スコッツデールで同日から開始する。

 nuro 1 Krogerの食料品を積んだNuroの自動運転車

 まずはNuroが開発したトヨタのプリウスベースの自動運転車でスタートし、今秋にはNuroオリジナルの運転席もない完全自動運転車でのパイロットに移る。

 nuro 2 ドアを閉めた状態

 パイロット実施地域のKrogerの顧客は、Webサイトあるいは専用アプリで商品を発注する際、自動運転車での配達も発注できる。配達料金は1回5.95ドル(約660円)で、最小注文数の制限はない(1つから配達する)。配達は注文日あるいは翌日になる。

 Nuroは、米Googleの系列自動運転企業Waymo出身のエンジニアが立ち上げた新興企業。1月にこの無人の自動運転社を発表した。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.