ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年09月20日 11時37分 公開

東京ゲームショウ2018:「予想以上の売れ行き」 タイトーの家庭用ゲーム機「ARCADE1UP」、第2弾も投入予定

タイトーが「東京ゲームショウ2018」で、アーケードゲーム筐体を4分の3サイズで再現した家庭用ゲーム機「ARCADE1UP」を展示している。

[村上万純,ITmedia]

 タイトーが9月18日に発表した、アーケードゲーム筐体を4分の3サイズで再現した家庭用ゲーム機「ARCADE1UP」が「東京ゲームショウ2018」(千葉・幕張メッセ、9月20〜23日)で展示されている。同社の販売担当者は、「予約開始から2日たったが、予想以上の売れ行き」と反響の大きさに驚いていた。

タイトー タイトーブース
タイトー 日本で発売する「ARCADE1UP」の筐体

 ARCADE1UPは、米Tastemakersが製造する筐体で、日本ではタイトーが独占販売する。第1弾のラインアップは「スペースインベーダー オリジナル/同 カラー」「パックマン/パックマン プラス」「ギャラガ/ギャラクシアン」の3機種。価格は5万8000円(税別)。ゲームは海外仕様だが、電源ケーブルなどハードウェア面は日本向けにカスタマイズした。

タイトー
タイトー 電源ケーブル

 本体サイズは483(幅)×1163(高さ)×584(奥行き)ミリ、重さは約25キロと、家庭用ゲーム機としてはなかなかの大きさ。タイトーは「当時のアーケード筐体で遊んでいた、40代後半から50代がターゲット。その層が買ってくれているのではないかと思う」と話す。インテリアとしての需要も見込む。購入者自らが筐体を組み立てる形式なのも特徴だ。

タイトー
タイトー デザインの元となったアーケード筐体「スペースインベーダー」
タイトー 予約数では「スペースインベーダー」が人気

 予約数については「こちらの想定以上。わずかな差でスペースインベーダーが人気」という。

 米国のARCADE1UP公式サイトでは、「ストリートファイター」シリーズなど、他のゲームタイトルの筐体もラインアップされている。タイトーによると、「権利関係などもあり、第1弾はこのラインアップだが既に第2弾の企画も走り出している」。追加タイトルや時期は改めて告知する。

 2月に開催されたアーケードゲームなどの展示会「JAEPO2018」(千葉・幕張メッセ)では、1972年にアタリが発売したビデオゲーム「PONG」を家庭用に復活させたタイトー。今年は「メガドライブ ミニ」(仮称、19年に発売延期)や、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの「プレイステーション クラシック」が発表されたりと、各メーカーが往年のゲーム機の復刻版を市場投入する意向を示している。

 「特に昔のゲーム機の復刻を意識しているわけではないが、最近は他のメーカーでもそうした動きが多いので、その流れに乗れればと思う」(タイトー)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.